従量課金制のクラウドとは?

従量課金制のクラウドとは?

月末業務なら従量課金のクラウドで対応

経理の業務といいますと、月末から月初に非常に忙しくなります。経理の締めというのは月末に集中します。振込であったり、支払いであったりです。さらに営業担当者が売上を計上するのも月末に集中することになります。処理が集中するだけでなく、それを締めて、1箇月の報告を月初に行う必要があります。その報告を持って、経営者はいろいろな経営判断をしなければいけないということになります。処理が遅れれば、それだけ判断も遅れてしまうことになります。
そこで業務を行うのですが、経理部の業務においては、月末が非常に忙しい割に、月の半ばはそれほど忙しくないということがあります。ですから、業務スペースにおいては、月末に少し余裕が必要になるということです。通常は月の中頃の量で十分ということになります。その時にだけ利用することができる仕組みがあると、無駄なスペースを必要としなくなります。通常でしたら、最大の業務量に合わせるのですが、その必要がないということです。
この時には、月末のみクラウドを利用して、業務領域を広げるということを考えます。月末のみの利用ということで、固定料金よりも従量課金の方がコストはかからないことになります。決算の時期などは、月を通して忙しくなりますから料金的にも上がることになりますが、1年を考えるとその都度料金がかかるほうがよいということです。ですから、平均的な作業量に合わせて、準備をすればよいということになります。

PR情報