従量課金制のクラウドとは?

従量課金制のクラウドとは?

季節的業務においてクラウドの従量課金で対応

百貨店や、配送会社といいますと、ある時期に業務量が増えることがあります。それは夏と冬です。夏にはお中元があり、冬にはお歳暮があるということです。この時期においては、担当者を増やすなどして、対応する必要があります。ただし、その他の季節はそれほど人が必要というわけではありません。ですから、主にアルバイトを採用することになります。期間限定で補充することで、業務をこなし、さらにコストはかけずに済むということになります。
インターネットのサービスにおいても、季節限定で行うということがあると思います。旅行会社のサイトであれば、旅行シーズンにはそれに対応したスペースが必要になることになります。ゴールデンウィークであったり、お盆、年末年始というときには業務量が増えることになります。でもその業務量が多い状態に合わせてしまうと、それ以外の季節においては、余裕がありすぎることになります。それらを持っていると、当然コストがかかることになります。
そこで、一定の季節に限定して、クラウドについて従量課金制で利用することにします。必要な時期だけ、こちらでスペースを確保するということです。そうすることによって、必要ない時には、無駄なコストが発生しないことになります。また、年によっては業務量が異なることがあります。そういった時にも柔軟に対応できることになります。足りない時には、追加をし、余裕が出来たら、その部分を利用しないようにするということも可能になるということです。

PR情報