従量課金制のクラウドとは?

従量課金制のクラウドとは?

クラウドを従量課金で利用するときも上限設定

インターネットの接続においては、固定制を利用することがあります。つなぎ放題のタイプです。利用によりますが、日常的に接続しているというのであれば、こちらの方が良いということです。メールなどに限定するのであれば、それほど利用しないことになりますが、株式の投資などを行おうと思うと、平日でも数時間接続することになると思います。そうなると固定制の方が良いということになります。初めて利用するときは、どれくらい利用するかを計算しておきます。
初めて利用するときにおいて、固定制にするか従量課金にするかのぎりぎりラインということがあります。これが一番ややこしいところです。時には固定制の方が良いし、時には使う分だけの方が良いということです。使う分だけという時の問題として、使いすぎるとどんどんコストが上がってしまうことです。ちょっとしたことで利用が増えるということもあります。その時にかなりの金額の請求が来ることになりますから、困るということになります。
これは、クラウドを利用するときにも言えることです。利用に応じての契約で、思わず利用時間が増えた場合に、その分料金がかかるとなると利用しづらくなることがあります。そこでそういった場合においても、上限が設定されているところを利用します。上限に関しては、固定制を利用するよりも少し高いぐらいのところになっています。ですから、たくさん使っても、こちらも多くコストが発生することはありません。継続する場合は、固定制に変更します。

PR情報