従量課金制のクラウドとは?

従量課金制のクラウドとは?

ジョブ登録数に応じた従量課金のクラウド

企業においては、非常に大きなシステムを利用することもあれば、小規模なシステムを利用することもあります。最初は小規模であっても、業務の拡大で徐々に大きくしていくということになると思います。大きくなってくれば、それに合わせて資産を調達すればよいということになりますが、それまでというのは、あまり大きな資産を利用するわけにはいきません。最もよいのは、業務量に合わせて、増やしたり減らしたりすることができるということになると思います。
現在においては、クラウドという仕組みがあります。自社以外の資産を利用することができるというものです。ですから、必要な時にそちらを利用すればよいということです。常に大きなしさんが必要であれば、そちらを用意すればよいですし、それまでは、仕事量に合わせて調整するようにします。コストもそれほど上げずに利用が可能になるということです。この時においては、どのような料金設定のタイプを利用するのが便利かということになります。
時間単位で利用するということもありますが、あるところのサービスでは、ジョブ登録数に応じた従量課金制度になっているということです。ジョブが増えるごとに領域を増やすことができますが、減らすこともできますから、ムダがありません。また、急に必要になっても、すぐに追加をすることができるようになっています。小規模な場合においても、大規模な場合においても、柔軟に対応することができるようになっているのです。

PR情報