従量課金制のクラウドとは?

従量課金制のクラウドとは?

従量課金制のクラウドサーバの利用

クラウドサーバを利用する場合、サービスが登場した当初は定額でした。今はどのサービスもむしろ従量課金が定番ではないかと思うほど、様々な従量課金型のサービスが登場していますね。背景には中小、もしくは個人のECサイトの需要を見込んで、というのがあると思います。ECサイトは定額よりも従量課金型のサービスのほうが向いています。なぜなら、立ち上げ当初はどれだけの顧客が見込めるかわかりません。最初から相当数が見込める大手のECサイトであれば定額制のほうがむしろ安くつくのかもしれませんが、未来の読めない場合は従量課金のほうがリスクが少なくて安全です。
また、ECサイトで従量課金型のクラウドサーバを利用する場合は、ECサイト向けのサービスを有しているところもあるので、そちらに注目するとますますコストが削減できる可能性があります。そうしたサービスを提供している企業は大手ECサイトを手がけた経験があったり、現在も提携したりしていて、ECのノウハウを持っています。そのノウハウごと、つまりECサイトを構築するためのツールやパッケージを貸してくれることもあり、特に初心者にとってはコストダウンが計れるサービスとなっています。やってみたいけれどECサイトを作ることを考えるだけで気が遠くなりそう…という人に、一歩を踏み出させるサービスと言えるでしょう。また、こうした従量課金制のサービスの場合は初期費用が安く設定されていますし、既にサーバも利用可能な状態になっていて、自分が手を加える必要はありませんから、ECサイトを開いてみようかな…と考えているかたにはちょうど良いサービスだと思います。