従量課金制のクラウドとは?

従量課金制のクラウドとは?

医療でも従量課金制のクラウドサーバを

従量課金制のクラウドサーバは、まずお試しにクラウドサーバを浸かってみるという場合か、個人もしくは中小企業向けの商用サイト向け、と思われるかもしれません。もちろんそうしたターゲットもありますが、介護サービスや医療の現場でも従量課金制のクラウドサーバの利用は取り入れられています。もちろん資金が潤沢にあり、使いどころをあまり気にしない経営であれば、コスト削減の必要もなく、サーバをまるごと借り上げるか定額制のサーバでもよいと思います。でも、人件費が高くつく医療介護の世界では、サーバ代はできるだけ安くしたいものですよね。そういう場合、患者や介護サービス利用者の数に応じたコストでサーバが借りられたら嬉しいわけです。
クラウドが医療介護の現場にとって、非常に便利に使える技術のひとつだ、ということは、まだまだ理解が浅いかもしれません。でも、どこにいてもデータが共有できるしくみがあれば、病院に帰らなければカルテが…とか、介護サービス本部に寄らないとあの人の情報がわからない…とかいうことはなくなります。こうしたことに気付いた一部の医療介護現場では、クラウドサーバを利用し始めているのです。従量課金制ならば、身の丈にあった料金で利用が可能ですし、初期投資にお金がかかりません。そのコストで医療介護現場で働く人たちの負担を軽くできるのであれば、それにこしたことはないですよね。必要なときに使い、使ったぶんだけ支払う従量課金制のサーバなら敷居も低く、これからも導入していくところが増えていくと思います。

PR情報